美容鍼灸で顔のむくみを取る方法

顔のむくみが鍼灸治療でどのように改善されるか解説!

お顔のむくみを鍼灸で治療したいと思ってくれた方のためにこの記事を書きました。 

朝鏡を見た時に「今日むくんでいるなー」と思ったことはありませんか?

洗顔しているときに肌のハリが弱いと感じた時は鍼灸治療で顔のむくみを取るのはいかがでしょうか?

顔のむくみを取ると顔の輪郭が細く見えて小顔になります。輪郭がハッキリすると目も大きく見えて気持ちも上向きになって毎日のお化粧が楽しくなります!

この記事で横浜明堂鍼灸治療院のむくみ取り治療に少しでも興味をもっていただけたら嬉しいです!

むくみの原因は体の水分量のバランスが崩れていることによるものです。

血管の中の水が組織中に出てリンパ管から体全体の循環に戻るべきなのですが、塩分過多などが原因で同じ場所にずっと水分が留まっている状態がむくんでいる状態です。

重篤なむくみとなると腎臓に問題がある場合もあるのですぐにでも診断が必要です。

むくみというとやはり顔のむくみが気になりますよね。

顔の血管はとても細くて毛細血管が顔中に巡っていて血流も血管も多いので顔は体の他の場所よりもむくみやすいです。

余分な水分をキチンと循環に戻すためには物理的な圧迫や血管拡張が効果的です。

鍼灸をすると刺激によって血管が拡張して血流の巡りが良くなって余分な水分が排出されやすくなります。

横浜明堂鍼灸治療院では顔のむくみを治療するときはさらにリフティングジェルや炭酸パックを使います。

顔のむくみは特にリフティングジェルが有効です。

ジェルが乾燥すると共に強力な引き締め&引き上げ効果があるので終わった後は顔がすっきり小顔になっています!

美容鍼灸と併用することでとても高い効果を発揮できるので是非ご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です